川崎 陽子

河崎 陽子

NPO法人資産相談センター理事長

  • 1. 埼玉県の特殊性
  • 埼玉県の県南・県西地域は、日本経済の高度成長時代において、東京のベッドタウンとして急速に人口が増えた地域であり、今後の団塊世代の退職により、その高齢化スピードが全国でも一、二位を争う地域となっています。しかし、埼玉県は、急速な高齢化のスピードについていけず、高齢者向けの医療・福祉・介護といった施設やサービスが圧倒的に不足しています。


  • 2. 福祉情報マップ『さいたま介護検索』必要性
  • 『健康を維持するために軽い運動をしたい』、『一人暮らしが不安だ、話し相手が欲しい』『介護が必要である。』等、地域市民が元気に生きていくには、様々なニーズに応えてくれる情報が必要です。
    そこで、高齢者に提供できる施設やサービスを、簡単に一覧できるホームページ『さいたま介護検索』では、誰もが簡単に情報にアクセスすることができ、かつ、相互に情報を交換できるようにします。
    そこで、さいたま市の高齢者向けの施設やサービスをマップで検索できる情報を提供します。面で捉えることができ地域の特性が見え、NPO団体や民間も含めて、協働していく基盤を作成したいと思います。


  • 3. 利用者参加の評価や情報 ⇒ 開かれた情報に
  • 各施設・サービスを利用した方から、実際の感想や評価をいただき、それを情報として提供することで、利用者が一度に複数の施設・サービスを比較検討して、自らのニーズにあった選択が可能となります。『さいたま介護検索』は、利用者自らが、常に新しい情報を書き込むことで進化し、利用者が必要とする情報の基盤になるはずです。 
    『さいたま介護検索』は、適宜、更新・変更に対応します。利用者からの評価・要望、アンケート等をとりまとめて、行政、公共、他の団体に提供していきます。


  • 4. 将来的には
  • 弊社NPO法人資産相談センターは、これまで様々な団体と一緒に協働した経緯があります。企業、大学、他のNPO法人との共同による事業運営により、シニアの健康と生きがいづくりとネットワークの構築を目指してまいります。